今年の冬は・・・寒い寒い寒い~
連日のように「今年最高の寒さです・・・」と報道されています。

関東地方も大雪 ⛄⛄⛄

・・・ということで、今回は遠赤外線暖房「光冷暖」の温かさをサーモカメラで測ってみました。

まずはエアコンの場合

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

エアコンから勢いよく吹き出した温風が当たっている部分は温度が高い(赤い部分 20℃位)ですが、周りの部分の温度(青色)は非常に低い(3℃位)です。

温度のムラがあり、足元が寒いです。

 

次に光冷暖の場合

 

 

 

 

 

 

部屋全体がまんべんなく温まっています(20℃前後)。光冷暖のパネル部分は、白くなっています。(40℃位)

光冷暖はこのラジエータパネルに外部のヒートポンプで温めた不凍液を通して輻射熱で体を温めてくれます。さらに、壁・天井に専用のセラミックしっくいを塗ることにより、このラジエータパネルから発せられる遠赤外線と「共鳴」して部屋全体を温めてくれます。断熱計画やパネルの容量を計算して、家全体を温める事も可能です。そうすることにより、廊下やトイレ 脱衣室なども温度差の少ない、体への負担の少ない快適な空間になります。

ちなみに夏は不凍液を冷やして冷房になります。

詳しくは・・・光冷暖HP


 

 

 

 

 

 

光冷暖体感ルームがあります。是非この快適性を感じてください。・・・アクセス