矢板市道の駅にある「エコモデルハウス」を見学しました。

 こちらは、「伝統的な農家住宅の知恵を活かし、自然と触れ合いながら生活する」というコンセプトのモデルハウスです。


〝エコハウス″といっても、地域の特性(例えば気候や日照、風向き・・・)を考慮した建物でなければ、その効果を十分に発揮できません。
例えば矢板市は、年間を通じて日照時間が長く、市の北西部にある高原山から風が吹いてくる地域だそうです。その特性を活かした太陽光発電を備え、太陽熱温水による床下暖房で冬は暖かく、夏は窓を開放して風を効率よく取り入れ涼しく過ごせる作りになっています。また、地域の木材(スギ ヒノキ)石材(大谷石 芦野石)素材(烏山和紙 柿渋塗料 火山灰入り塗壁)をふんだんに使い、地域の魅力がいっぱい詰まった素敵な建物です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この建物は「たかはら杉高耐震ささら板壁工法」という耐震壁を採用しています。凹加工した柱の間に厚壁をおとしこんでいく板壁工法の発展型で、板壁材をファスナーのように組み合わせていく構造ということです。耐震性、防火性、保湿性・・・など様々な効果があるそうです。

高性能なシステムを取り入れた住宅も住みやすいのですが、こちらの住宅のように自然エネルギーを利用した地域の特性に合わせた「エコスタイル住宅」も魅力的ですね。